茶道体験教室 さくら 京都

茶道体験お申し込み

茶道について|茶道体験教室 さくら 京都 さくら 京都

GoToトラベル事業支援対象

10月1日より国が実施するGo To トラベル事業における「地域共通クーポン」がご利用いただけます。是非ご利用くださいませ。

茶道体験教室Tea Ceremony Experience

茶道について

総合芸術といわれる茶道。
それは、花、器、軸、香そして着物など日本の文化が集約されたとても素晴らしいものです。
しかしながら、正座をし着物やお道具を揃えなければならないのかと思うと、 何となくハードルが高く感じられ、二の足を踏まれている方もいるのではないでしょうか。
SAKURAでは、立礼式という方法でお点前をさせていただいております。
お客さまも正座をしていただく必要がありません。
また、立礼卓は、ジャパニーズモダンを意識したとてもシンプルなものです。
必要な道具類もシンプルで美しく、この機会に茶道の世界に興味を持たれた時、とても気軽にお稽古を始めていただけると思います。
お点前を覚え、お茶を点てていると自然に心が落ち着くようになったり、日本の四季の美しさに改めて気がつくようになります。
是非一度、ゆったりと茶道の心に触れてみてください。

茶道体験お申し込み

お茶をいただく

茶席で、たとえ何度同じ人々が会するとしても、その日の茶会はただ一度限りの機会です。招いた方も招かれた方もともに思いやりの気持ちを持って臨めば茶席は和やかで楽しい雰囲気になることでしょう。
まずは、一服(いっぷく)を楽しんでみませんか。
茶道には作法がありますが、少しずつ学ぶことでさらに深い思いやりや、日本の心を知ることができます。
ここでは、茶席での作法や抹茶のいただき方を紹介します。

拝見

茶席に入ったら、床(とこ)の前に進み掛物や季節の花などを拝見します(床の拝見とも言います)。
掛物はその茶会のテーマとも言え、その内容は、いわば亭主からのメッセージを表しています(茶会を催す人を亭主と言います)。
お家元や禅宗の僧侶が書かれたものが多く見られます。
一礼をして拝見しましょう。

お菓子をどうぞ

お点前が進むと亭主から「お菓子をどうぞ」と挨拶があります。
お菓子やお茶をいただく前に、次客に「お先に」と一礼をします。
他者への心くばりが気持ちのよいひとときを作ります。

お点前ちょうだいいたします

亭主が心をこめて点てたお茶を「お点前ちょうだいいたします」と感謝していただきます。
右手で茶碗をとり左掌にのせ、右手を添えて軽く茶碗を上げ感謝を示します。
茶碗の正面でいただくことをさけるため、右手で時計回りに2度回して静かに味わいながらいただきます。
最後のひとくちは、音をたてて吸いきります。
茶碗の飲み口を右手親指と人さし指で軽く拭き、両指を懐紙で清めます。
茶碗を反時計回りに回して、正面を戻して右手で置きます。

作法の意味

茶道にはさまざまな作法がありますが、それぞれ意味があります。例えば「茶碗を回す」のはなぜでしょうか? 茶碗にはそれぞれ「顔」「正面」があります。 亭主は茶碗の正面を客に向けてお出しします。 客は謙虚な心で「正面」からいただくことを避けます。そのために茶碗を回すのです。 何回、回すかは重要ではなく、亭主の気持ちにどう感じ、どう応えるかが大事なのです。

「亭主」「客」

「亭主」は少しでもおいしくお茶を召し上がっていただくため、露地の掃除から、掛物、花、お湯の温度、茶会のテーマまであらゆるものに気をくばり、「客」が五感のすべてで気持ちよく感じられるように茶席を準備します。
「客」も、「亭主」の心づかいを理解し、互いに感謝の念を持って茶会のひとときを楽しみます。

茶道体験お申し込み

三千家

三千家(さんせんけ)

数多くの流派の中で最も有名な千家について

茶道体験お申し込み